Zaif取引所の概要や長所短所をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

1. Zaifの概要

Zaif(ザイフ)は2015年3月にオープンした仮想通貨取引所です。日本のテックビューロ株式会社により運営されています。

 

 

2. Zaifの長所

① 運営会社がしっかりしてる

まずリスク管理がしっかりしています。

預かり暗号通貨管理の強化
お客様からお預かりした暗号通貨残高のうち、流動しないものについてはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管(Cold Storage)され、その再移動には権限を持った複数管理者の電子署名(Multi-Signature)が複数段階に渡り必要となる内部統制制度を導入しております。

システムインフラの堅牢性強化
取引所システムを複数層に渡って外部から遮断し、内部への侵入が実質的に不可能なシステムセキュリティ環境を構築しております。よって、データベースなどには、外部から一切アクセスが不可能となっております。

リスク管理やセキュリティ対策の強化
開発チームには、シリコンバレーで金融サービス開発に携わっていた人材が採用され、欧米型の数理モデルによる不正検知が導入されているほか、日本の金融事情に特化した不正対策も施し、国際的なAML(AntiMoney Lanundering=マネーロンダリング対策)や、KYC(顧客確認)基準にも積極的に対応しております。

 

以上、「利用リスクと『Zaif』のセキュリティ体制」についてから引用

また運営元テックビューロ株式会社は、取引所だけでなく、mijinというブロックチェーンを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるような汎用プラットフォームの開発もしており、日本を代表するフィンテック企業と言っても過言ではありません。

なお、代表取締役は朝山貴生氏は、ブロックチェーンプロジェクトNEMを推進する、NEM.io財団の理事でもあり、日本の仮想通貨業界の重鎮のお一人です。
Twitterでもブロックチェーンや仮想通貨関係のつぶやきが多く、是非フォローしておきたい方です。

 

② 手数料が安い!

手数料には、取引手数料と入出金手数料の2種類があります。まずは取引手数料から。

f:id:crypto_erika:20180305120103p:plain

Zaif取引所は、なんとビットコインの現物取引にかかる手数料はマイナス0.01%!このマイナスの意味って分かりますか?

売買すると手数料どころかボーナスがもらえるイメージですね。支払手数料でなくて、受取手数料なんです!

また、入出金に関する手数料は、

f:id:crypto_erika:20180305120126p:plain

なお、最新の手数料については、こちらを必ずご参照ください。


③ 仮想通貨での積立貯金ができる

f:id:crypto_erika:20180305120153p:plain

<引用>
Zaifのコイン積立とは?
「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」
「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

ドルコスト平均法ってご存知でしょうか?

一定期間に定期的に一定額で、その時に購入できる量だけ購入する投資手法です。

必然的に単価が高いときは、少ない量を、単価が低くなれば、多くの量を購入することになり、加重平均単価が結果として低減します。

f:id:crypto_erika:20180305120341j:plain

3. Zaifの短所
① スマホアプリがイマイチ

f:id:crypto_erika:20180305120558p:plain
こういう画面なのですが、うーんイマイチなんです…
でもデイトレードのように頻繁にかつ1秒を争うスピード勝負で取引しないなら全然我慢できます。

② 流動性が低く、注文成立に時間がかかる

f:id:crypto_erika:20180305120648j:plain


板、薄めです(笑) まぁ取引手数料マイナスですから、待ちましょう。。

 

4. Zaifのおすすめの使い方

こんな言い方したら怒られちゃうかもしれないけど、えりかは、国内取引所は、円貨をBTCに換金する場所としか思ってません。その意味ではZaifが最もおすすめです。
ZaifでBTC購入し、それをBinanceなどの海外取引所に送金して、主要アルトコインや草コイン購入する感じで使ってます。

 

5. Zaifに登録するには?