【サクッと分かる】なぜ事業通は、ビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)派が多いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインキャッシュの概要

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えるスケーラビリティ問題(下で解説)を解決すべく、ビットコインから派生して生まれた仮想通貨です。

そのため構造的にはビットコインに似ています。

ビットコインキャッシュの特長

誕生までの経緯

ビットコインのブロックチェーンは、その取引量が増えるにつれて、処理が追いつかなくなることが懸念されていました。これをスケーラビリティ問題といいます。

このスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインのコミュニティ(主に開発者とマイナー)で2つの解決策を巡って議論を重ねていたそうです。

一つの解決策は、ブロックそのものの大きさは変えずに、そこに入れるデータを圧縮することで取引処理を増大させようとする案(これをセグウィットといいます。)

もう一方は、ブロックの箱そのものを拡張してしまおうとする案です。

セグウィットのイメージ

f:id:crypto_erika:20180307094954j:plain

両者議論を重ねたようですが、互いの決着点は見いだせず、分裂しました( ̄▽ ̄;)!!ガーン

当時ビットコインの価格も暴落したことがニュースになりましたね。

そこで、後者の案であるブロックそのものを拡張したい派が作った通貨がビットコインキャッシュです。

このブロックサイズそのものを拡張する案を強く支持したのは中国のマイナー(ViaBTCというマイニングプール)が中心であったと言われています。

 

なぜ中国のマイナーはこの案を支持したのでしょうか?

 マイナーが支持する理由

それは、この案の方が彼らの既存の設備を優位に使用することができる(つまりセグウィットを実装してしまうとその対応のための追加投資が必要になる)からだそうです。

ビットコインコミュニティの中で、マイナーの発言力は非常に強いです。

ブロックチェーンというものは、マイナーが自発的にマイニングに参加してからこそ機能するものなので、そのマイナーの最大手に支持されているビットコインキャッシュは、なんだか期待できますね。

いつの日か本家ビットコインを抜き去るかもしれません ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

最近の動き

それを見越してか、SBIはビットコインキャッシュのマイニング事業に参入することを発表。

kyodonewsprwire.jp

 

 ビットコイン・キャッシュ派で知られる重鎮ロジャー・バーのツイートで締めくくります ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~

ロジャー・バー - Wikipedia

ビットコイン・キャッシュを購入するには?

Zaif取引所で購入できます。